クリームファンデーションキット

ストロベリーシードエキス

セラミド

マトリキシルモイストクリームキット

スキンリペアクリームキット


Sysoapのエッセンシャルオイル

 
 
   スキンケア成分 > スキンライトニング > フェルラ酸
 
 
 
前の商品 フェルラ酸 次の商品
 
 
フェルラ酸

拡大 ( Size : 108 kb )
 
商品コード : YS1072A
製造元 : ORYZA Co.,LTD
原産地 : 日本
価格 : 900(税込 972円)
ポイント : 9
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
容量

選択
2g
5g
 
 
 
【手作りコスメSysoap☆】のフェルラ酸,天然紫外線吸収剤,美白剤,抗酸化剤,チロシナーゼ活性阻害。卸販売も行っております。

Ferulic Acid

フェルラ酸は、ケイ皮酸誘導体の一種で米ぬか油から抽出された天然成分です。
スキンケアにおいてのフェルラ酸は、UV吸収とメラニン生成抑制のポテンシャルとフリーラジカルを中和する強力な抗酸化のポテンシャルがあるといわれています。

特筆すべき点は、やはり「天然の紫外線吸収剤」といわれることでしょう。
数々の臨床試験でも有害な長波紫外線の吸収性が非常に高いことが近年報告されています。

一方で抗酸化のポテンシャルもあり、フェノール性の水酸基によってフリーラジカルに水素を供与することで抗酸化を示すと考えられています。

最近では、ビタミンEフェルラ酸エステルがメラニン生成を強力に抑制するとの報告もあり、有望な色素沈着抑制剤になり得るのではないかと期待されています。
また「VC+VE+フェルラ酸」の混合液にをメインとした美白化粧品なども製造され、広く美白化粧品に活用されています。

「メラニン抑制+紫外線吸収+抗酸化」などが期待できるというちょっと嬉しいベネフィットから手作りコスメに是非とも活用したいものです。
アンチエイジングや美白を目的にした手作りコスメに活用できます。

手作りコスメの化粧水・美容液・乳液・クリーム・日焼けケアなどの原料として
お使いいただけます。


※他のフェルラ酸と大きく違う点は、とても高純度、高品質のフェルラ酸ですので、0.5-1%という微量配合で済む素材です。

【手作りコスメ素材Sysoap☆】のフェルラ酸の特筆すべき点は、やはり「天然の紫外線吸収剤」であることでしょう。数々の臨床試験でも有害な長波紫外線の吸収性が非常に高いことが近年明らかにされています。一般的に紫外線吸収剤は、その優れた紫外線吸収力よりも、化学合成により製造されるのでどうしても発ガン性などのネガティブな特性がクローズアップされています。フェルラ酸は、それら「合成の紫外線吸収剤」と同等のポテンシャルを持ち、極めて安全性の高いことが明らかになった、唯一のポジティブリストに収載されている「天然の紫外線吸収剤」です。 また、紫外線により引き起こされるメラニン生成(チロシナーゼ活性)を阻害するといった他の紫外線吸収剤には見られない「W(ダブル)美白」の機能を有しています。【SPF値:6.44-7.09(1%配合)】一方で抗酸化のポテンシャルのあり、フェノール性の水酸基によってフリーラジカルに水素を供与することで抗酸化作用を示すと考えられています。臨床試験では、その抗酸化力がレシチンと同等であり、また活性酸素の消去作用も活性酸素の毒性から生体を防護する酵素として知られる「スーパーオキシドジスムターゼ」と同等であることが報告されています。最近では、ビタミンEフェルラ酸エステルがメラニン生成を強力に抑制するとの報告もあり、有望な色素沈着抑制剤になり得るのではないかと期待されています。また「VC+VE+フェルラ酸」の混合液にをメインとした美白化粧品なども製造され、広く美白化粧品に活用されています。【メラニン抑制機能+紫外線吸収機能+抗酸化機能】というちょっと嬉しいベネフィットは手作りコスメに是非とも活用したいものです。アンチエイジングや美白を目的にした手作りコスメに活用できます。
【手作りコスメ素材Sysoap☆】のフェルラ酸の「ここだけの話」他言無用!ですよ♪:::フェルラ酸の近年の研究(米国特許:20050154054)によると、ビタミンC(L-アスコルビン酸)を水に添加するとすぐに劣化が始まり化粧品としては全く活用できませんでした。しかし、フェルラ酸を併用配合すると、ビタミンC溶液を安定化させることができる事が確認されました。これは、手作りコスメにおいては、有用なニュースです。フェルラ酸もビタミンCも美白・抗酸化に優れた成分であり、ビタミンC誘導体より低価格のビタミンCを安定的に手作りコスメに活用できることになります。BGも同様の特性がありますが、フェルラ酸ほどのポテンシャルではないようです。ですから、フェルラ酸はエタノール系にしか溶解しませんので、BGにフェルラ酸を溶かし、ビタミンCといっしょにベースウォーターに配合すれば・・シネジー効果を生み「完璧!」ではないでしょうか。イオン導入用ローションやローションパック・化粧水などに、是非ともビタミンCと併用配合して、エコノミックな美肌作りに活用できるのではないでしょうか?また、『L-アスコルビン酸(15%)+ビタミンEトコフェロール(1%)+フェルラ酸(0.5%)』の配合率は、SPF値:30-50と言われ市販化粧品として販売されています。日焼け止めクリームなどに同様の配合率で試してみるのも面白いかもしれません。
【手作りコスメSysoap☆】のフェルラ酸の臨床データ。
【手作りコスメSysoap☆】のフェルラ酸の素材データ。

・当ショップで知り得るデータを全て開示しております。
・天然素材・有効成分は様々な特性を持っています。

 その特性を良く理解し、誤解のない使用法・保存法をお願いいたします。

【手作りコスメSysoap☆】のフェルラ酸の特性と保存法。
【手作りコスメSysoap☆】のフェルラ酸のプロダクトデータシート。
【手作りコスメSysoap☆】のフェルラ酸のMSDS。
【手作りコスメSysoap☆】のフェルラ酸の使用上の注意。パッケージング。
【手作りコスメSysoap☆】のフェルラ酸の物理的・化学的分析データ。安全性と品質の高さを数値で表しています。

ページトップへ